2016年8月31日水曜日

男子 志を立てて <ライネケ>

昔は、郷里を離れて、遠くに遊学するとかいうときは、まなじりを決して、「男子志を立てて郷関を出ず 学もしならずんば 死すとも帰らず。」とかなんとか言って、家を出たんだろうが、現代は違う。

東京まで行くとして、我が家から空港まで10分間、松山空港から羽田まで1時間半、羽田から都内まで1時間というわけで、ほんの半日足らずの道のりだ。

今年3月、自由学園を卒業したShige君も、4月から社会人になって、忙しく働いているようだ。毎年夏休みになると、高速夜行バスに乗って、早々に帰省していたのが、今年はお盆になってやっと帰ってきた。肉を食べたいという希望を聞いていたので、ネコパコが大奮発して、今夜はステーキだ。

大奮発のビーフステーキ

いつもはひと夏ずっと、ひと月以上も我が家でごろごろして暮らして、夏の終わりに、いやいやながら上京したものだが、今年は数日いただけで、もう上京するという。

立派な一人前さんにおなりだね


後の門扉にネジ止めした表札は、たしか5年前、彼が学園の工作室で作ってくれたものに、緑色のペンキを塗った。いつの間にやら、錆が出てきて、これはこれでいいのかな。

手持ちの緑色のペンキで塗って、
取り付けた頃はまだ、新しかった。
門扉も木塀も7,8年前、彼が一人で全部塗ってくれた。それに、松山市内の廃屋の前に延びていたツタをむしりとって来て、挿し木したツタがこんなに伸びて、わが家の塀をおおいつくすようになった。
やややっ!
オイラより背が高くなった?
いつの間に?

いつの間に、こんなに大きくなったのだろう。オイラより背も高くみえるけど、遠近法のせいか? いやオイラがちぢんだのかも知れない。学生時代は随分とんがった髪型をしていたのに、すっかりサラリーマンらしくしていて、今では、給料を貰って、自活して生きて行くようになった。

とうとう、私たちのもとには被保護者というものがいなくなり、私たちも保護者ではなくなったわけだ。
3月の卒業式の時には、まだ彼は私にとっては、あのShigeちゃんだった。しかし、今はもう、彼は私と対等な立派な男なんだ、と思える。

生まれて間もないころのshigeちゃん

Chicaに始まり、Shigeに終わった子育て時代は35年にして、とうとう終わったわけだが、親であった私たちの心のなかには、彼らはいつまでもあの頃のままで居続けるような気もする。

物理的には、東京は昔よりはるかに近くなったというのに、彼らと私との距離は随分拡がったように感じる。それでいいんだろう。

そうそう、昔、ライネケが中学生になって、漢文を習いだした頃、伊予爺ちゃんが、教科書の例文を指さして、これを読んでみろ、という。50年も前の話だ。

 「学若不成 死而不帰」
オイラは答えた。
 「学もし成らずんば 死して帰らず」
伊予爺ちゃんが笑って言った。
 「死んでしもたらいくまいが。”死すとも帰らず”じゃろが。」

おかげさまで、まだおおむね、元気みたいだ。いつまでこうしていられるかは分からないが。
Chicaさんのシンガポール土産のランプ
暗いけど、暖かくなる。
8月末の今日、風が随分秋めいてきた。
みんな、元気でいて下さい。








2016年8月10日水曜日

新加波 彷徨2

連日、夕食を地域の屋台集合村のような食事場所で食べる。
1$=120円
3$も出せば、皿に野菜と肉を炒めたのと長粒米の定食のようなのが食べられる。
中華系の人々が暮らす地域では、中華料理を。
インド系の人々が暮らす地域では、インド料理を。
英語も通じないから、身振り手振りで注文をして、
1畳半程の厨房の中で汗まみれになって中華鍋をあおる、おとうさんと
私の服装を上から下まで眺めたあと「ヤーパン?」と聞きながら
料理の説明らしきものをしてくれる、浅黒い肌のおかあさんと。

味は想像以上に大きな外れは無かったので呑み込めない位、
口に合わない食事にはあたらなかったが、
うだるような気温と温い湯を背中に延々と流されたような湿度のおかげで
日に日に食欲が落ちてくる。
油で炒めたり、揚げ物が多い中華料理に胃が疲れてしまった。

食材の匂いがそのまま漂う空間にも、いつの間にか五感が鈍り始める。


新加波 彷徨 1

金子光晴の「マレー蘭印紀行」をはじめて手にとったのはいつだったろうか。
学生時代だったような気がするが、今となってはもう昔の事としか思い出されない。
文字の隙間から漂う怪しい南国の香りとなにやら響きが心地好い地名たちに魅了され、
今でもふと存在を思い出しては時折本棚から探し出し頁を開く。
サゴヤシの物憂げに垂れた葉を腐りかけの果実を浮かべた波が洗う。
下品な朱色に染まった唾液が音をたてる檳榔売りの女の口許。
マレー半島は私にとって明るい日差しの下で気怠い淫靡な風土であり、
植物を学ぶにつれて興味をそそられる未開の森林だった。
山歩きも水遊びも好まない、
鉄骨の梁に支えられた硝子張りの部屋の中でも陰に蹲って眠り続ける事を望む私には、
熱帯雨林を己の眼で見ることなど非現実を通り越して遥か彼方の銀河の話だったのに、
気付けば何故か滴る汗を拭いながら山道をひたすら歩いていた。

2日前に上空を旋回した時、なによりも驚いたのは土の赤さだ。
明るいオレンジ色に見える土壌が水に溶け出すと河の流れも色づいている。
等間隔に植えられた樹木からプランテーションが広がっているのが分かる。
竹から葉をもいで投げたような小さな船が浮かんでいる。
イギリスで雨の香りの中に感じた人間の征服感漂う草原でも、
アメリカで通り過ぎた物悲しさの漂う牧地でも、
オーストラリアの上空を通り過ぎた時見た、人間という生物を必要としない赤い大地でもなく、
マレー半島の島々には、放り出し広げた女の足の間のような投げ遣りな空気が漂っている。
最後の秘境を有しながら、人間に犯され続ける傷つき疲れ果てた土地。



2016年7月30日土曜日

明日への扉 <ライネケ>

この景色を覚えているだろうか。

子ども達が、本当にまだ子ども達だった頃、休みになれば、土曜日午後、仕事が終わって帰宅して、準備も何もあらばこそで、全員招集をかけ、シュラフやらテントやらの荷物を、エイヤアッと車に放りこんで、荷物室に1人、後席に3人が揃って乗ったら、出発。その夜暗くなって、鳴門、徳島、室戸を経て、高知市内を抜け、横浪黒潮ラインの途中にある国民宿舎にたどり着いて、一泊。翌日は、いい加減に詰め込んだ荷物を車の上の簀の子の上に載せ替えて、足摺岬を目指したものだ。足摺岬の手前に、国道脇に小さな売店があって、その横の坂をひょっと下ると、



テントやシュラフをみんなで運んで渡った懐かしい板の橋。

橋の上から海を見ると、インディアンの砦が見える。



いつだったか、冬のある日、浜でテントを準備していたら、ちっぽけな軽四輪に乗った白人の夫婦が降りてきて、ご主人はコートを岩の上に敷いて横になり、奥さんはずうっと波打ち際を歩いて、端っこまで行き、やがて、サンダルを手にぶら下げて帰ってきたっけ。そして、また車に乗って去っていった。自然との付き合い方が大人だと感心したっけ。


橋の向こうには、私たちだけの砂浜があった。夏への扉だった。
30年前は、誰もこんな地の果てみたいなところには来なかったから。


その頃の浜は、長い堤防と背後の防風林に隔てられて、国道から隠れる形で、施設らしきものはほとんどなかった。今は、トイレとシャワー設備があり、サーファー達がたくさんやってきて、車中泊で遊んでいく。

時が流れ、全てが変わる。

実は、大岐に行く前に、土佐清水の町の食堂で、数年前食べてえらくおいしかった記憶のある「サバの刺身定食」というのを食べに行った。


ネコパコは「サバのたたき定食」を食べた。



どちらも1300円。10年ほど前の記憶では、700円くらいだったと思う。
昔食べたときは、油の乗ったハマチみたいな味で、これがサバか?と感激したものだったが、今回は、新鮮ではあったが、それほど感激しなかった。冬だったらよかったのかも知れない。変わらないものはないからね。

その後、今は四万十市と呼ばれる中村市に寄った。


中村市の山裾にある四万十川学遊館に寄ってみた。



「トンボ公園」といったほうが分かりやすいかな。

今は捕ってもいいみたいだが、昔は「当園内では虫取り禁止」と看板がかかっているのに、振り返ると、うちの子供達が、馬鹿長い、真っ白の捕虫網をなびかせて走り回っているので、困惑した記憶がある。



それにしても、いろいろなことがあったっけ。

また片道180キロの道のりを、二人は途中松野のぽっぽ温泉に入ったり、内子の中華料理屋で夕食をとったりして、帰ったのだった。

野良狐のライネケと極楽とんぼのネコパコの二人道中は、これからいつまで続くのだろうね。

 世の中を
 何にたとへん
 朝びらき
 漕ぎ往にし舟の
 跡無きがごと

  万葉集 沙弥満誓 

2016年7月22日金曜日

野生 <ライネケ院長>

朝から、びいびいとひどく大きな音がする。
ゴロタが何かをくわえてやって来た。


褒めて欲しいのか、とにかく見て欲しいらしい。
それにしても、目が野生だな。


蝉だ。

まだ元気で、ゴロタの口から離れると、パタパタと羽音を立てて、部屋の中を飛び回る。
ゴロタがそれを追いかけ、また捕獲して、弄(もてあそ)ぶ。
食べるわけでもなく、放しては捕まえ、を繰り返して、とうとう動かなくなると、興味を失うらしく、放置する。
今週はもうすでに4匹以上も彼の餌食になったようだ。


むごい話だよ。
一日一善ならともかく、一日一蝉(音は「せん」)だよ。

ただ単に捕まえて、なぶって、死なせてしまうだけ。
これが野生というものなのだろうか。
自然とか野生とか、そういうものなんだろうか。


彼のネコ砂の箱でへたっていたヤモリ。
尾っぽがとれてしまって、それでも、逃がしてもらえなかったのか。

ある日なんか、夜帰宅してみたら、こんなものが床の真ん中にいた。

びっくりするぜ。
かわいそうに。
駐車場の端の草むらに埋葬してやった。
迷わず、成仏してくれ。おいらを恨むなよ。

ほかにも、カエルなんかも連れて帰ってくる。
屋上の草むらが彼の牧場(まきば)なのだろう。
ロナは毎日、外に出かけて行って、広い世界の中で自由に狩りをしていたのだろう。


きれいな目をしているのに、むごいやつだ。

自然には倫理なんてないんだろう。
ただ野生の本能の指示のままにあるだけなのだろう。
考えてみれば、人間なんて、毎日あらゆる生き物を食べて暮らしている。
そんな人間にゴロを非難する資格があるのだろうか。

夏の南の夜空に赤く輝く「さそり座」の中心星は、火星と同じくらい明るいアンタレス(アンチ・アレス=反火星)という恒星だ。「銀河鉄道の夜」の中で、ジョバンニたちと同席した女の子が語ったバルドラの野原のサソリは、神様によって空に引き上げられて、夜空に赤く輝くさそり座になったのだという。

あのサソリを追い詰めたイタチのように、ゴロタも何も知らず、他の生き物を狩って生きているのだろうか。ゴロタもおいらもあのイタチなんだろうか。そして、この世の全てがサソリであり、イタチなのかも知れない。


蝉墜ちて 五十四の夏 過ぎにけり

十年以上も前にふとこの句を思いついて、メモにして、外来の診察机の前に貼っておいたら、ある女性が見て、季重なりだと言った。なるほど。まずかったな。











2016年7月10日日曜日

仙人掌姉 がむばる

きっかけはこれだった。
こう成りたいなんて大それた考えではなくて、
このスカートが履きたいと思ったわけです。

で、苦節2か月からのさらに5か月
                           どりゃあぁぁぁぁぁ
                         うおりゃぁぁぁぁあ !
                      はぁはぁハアはぁ ひいひイひい
あとちょっとなんじゃぁぁぁぁぁ!

そう、あと5キロ。
5キロで第一目標達成なのです。
体重を落とすって大変だねっておはなし。
あと5キロ、がんばる。

2016年6月1日水曜日

生き延びて、花開き、実を結ぶ   <ライネケ院長>

当院の裏駐車場の入り口には、来院者にとっては、実に邪魔っけな位置に、ジューンベリーの株が植わっている。

開院は10年前だから、このジューンベリーも10歳を超えたわけだ。最初の3、4年間は、後退する患者の車に何度も押し倒され、根から浮いてしまったのを、その都度、もとの通り、押し立ててやって、一時は完全に弱ってしまった。何度、もう駄目か、と思ったことか。

それで、周囲に、海で拾って来た竹で囲いを作ってやった。囲いの一カ所は長い竹を使い、運転手に見え易いように、小さな旗をつけてやった。これで、車に踏み倒されそうになる被害がずいぶん減った。


それで安心したのか、とうとう10年間を生き延びて、根も深くなったらしく、今年はずいぶん沢山花が咲いた。


今までも花が咲いたあと、結実するのだが、年ごとに花が増えて、今年は、5月の末、赤紫の丸い実を沢山つけた。本来、6月に結実するのでジューンベリーというのだが、これ以上待っていると、鳥に食べられてしまう。昨年は、たった一晩で突如として全部消えてしまって、悔しい思いをした。



今年こそは鳥にとられる前に収穫しなくては。
これはその一部。




赤紫が美しい。


ネコパコがジャムにしてくれた。
ジューンベリーの手作りジャム。
ちょっと癖があるけど、10年目の味だ。


ありがとう、ネコパコさん。